Twitterサービス停止に備える。

今のうちにアウトプットの手段を確立しておけ。

年始らしい記事を書いた。

 

年が明けた、明けたんだ。もうそんな雰囲気の日付ではなくなってしまったけれど。

誰が見ているかは知らないけれど見てくださっている方々あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

平成も30年になってしまったみたいなのだけれど、未だに書類等々に年月日を書く際に違和感ばかりを感じている。

自分の中で特に記憶に残っているのは――出来事とかは関係なく単に数字やその数字になった際のインパクトというか感じたものという意味で――平成12年とか、18年とか、24年もそこそこ印象に残っている印象、あとは26年か。

今年二度目の年男を迎える年なので生まれは平成6年、早生まれでもないのでそれぞれ6歳12歳18歳20歳。

訂正、これ多分たくさん書類に年月日を書いたタイミングだきっと。エピソードがらみの記憶ではなかったつもりだけれどどう考えたって節目だこれ、6歳は多分元号とかがわかるようになって初めての記憶とかなんじゃないかなこれ。

野球ゲームなんかで選手を作ったらつい背番号としてつけてしまいそうな数字だったもんだから好きな数字として印象に残っているだけかと思っていたけれど。

思い付きで何となく書いてみて書きながら検証なりしておかしな着地をするというのはこのブログをやっているうちに身についてきたスタイルで、昔からある言葉を使うと徒然とかいうらしい。

しょうもないこと考える機会ってなかなか大切なんだなと、パソコンが復活して先日記事を書いたときにふかくふかあく感じた。

今年も土台の部分にはそういうものを据えてブログを書いていきたい。

 

 

 

 

せっかくなので今年の抱負でも、書きながら考えてみたいと思うんだけど、年末に2017の反省をするのをすっ飛ばしているのですぐに書くための材料がない。過去はぐるんぐるん回り始めてしまいそうなほどに振り返っていくタイプなので2018年始ムードも落ち着き始めた今といえど関係なく昨年の反省を行っていく。とはいってもそんなたいそうなものではないけれど。多分多くても4行くらいで収まるレベルの。

 

 

社会人として働き始めた最初の年、感じたものは仕事とそれをしている自分へのぼんやりとした閉塞感。状況を変える力もエネルギーも今は持ち合わせていないということと、そもそも別に仕事が嫌いというわけではないということは多分割とはっきりと、2017シーズン楽天イーグルスが絶対これ後半失速するだろうというくらいにははっきりわかった。

 

 

以上、編集画面ではおよそ4行。

 

 

と、いうわけで、別に当面の予定はないのだけれど転職しようと思えばできるコンディションを整えることを今年の目標にしようと思う。

 

大した武器にはならないかもしれないけれど英語とパソコンの資格でも勉強しようかな。もっと狭い分野で確実に生きる資格とか取ればいいんだろうけれど、昔から器用貧乏というか突出したもののない、これっていう専門のない人間として生きてきたせいもあるのか、使える場所を絞り切った資格を取ることが正直怖い。いやこれ教育系の学部にいた人間の台詞かよ。

 

というわけで、そのへんの勉強を今年はする、多分。

 

あと、読書の習慣が途切れたから維持で復活させたい。

 

みなさんも2018強く生き抜いてまいりましょうぞ。