Twitterサービス停止に備える。

今のうちにアウトプットの手段を確立しておけ。

書くくらいはしないとと思って書いた。

 

どこかで見たコピペで、タイトルは最後につけるのがいい、って学んで実践しているのだけれど、このブログでそれをやる意味があるのかはわからない。

 

今回はどんな話になるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうぶつの森のアプリがリリースされてそれなりに時間が経つ。

友人たちが次々と飽きてしまって鉱山に行くのにも少し手間がかかるようになった程度には。

ちなみに自分はというとまだまだバリバリ続けているし現状辞める理由もない。

 

もともとこういうゲームは好きなほうだ。

勝負ってもんがないし、誰かの足を引っ張ったりすることもないし、それでいてなかなか方向性が被らないような極め方ができるから傑出度というものを感じながら遊ぶことができる。手間と時間さえかければ簡単に結果も出るしな。学校の勉強や仕事とは違うね。

楽で気楽なうえに満足感もある、サイコー。

 

ポケモンGOもそういうタイプのゲームだと思っていたけれど、レイドバトルだとかいうのが出てきてしまったことと、単純に数が増えすぎてしまって収集欲を思うように満たせなくなってしまったのが本当にしんどい。

ゆるくやってたんじゃ自分なりの満足さえ得られないゲームになってしまった。

 

スマブラとかは新キャラを出すのさえ苦痛だったし対戦も全然勝てなかったからあまりはまれなかったけど、こういうのは本当にいい。

 

我ながら嫌な楽しみ方してるなあと思うけれど、こういう人は多分ゼロじゃないと思っている。

オオカバマダラ全然とれないんだけどはやくでてきて。あとローンえぐくてお金足りません。

動物たちは僕が持っていないものをねだらないでください。畜生どもの分際で人間様の神経を逆撫でするんじゃないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば先日初めてのボーナスをもらった。やったぜ。

相場がわからなかったから調べたけど、まあ飛び抜けて多いというわけではなかったけれどまあ平均程度はもらえていたらしい。

 

いやでも平均っつったって今までの人生でこんな大金一発で手に入れたことなんてなかったし、だいたいもって現状仕事に質が伴っていないし自信もくそもないような状態だったからこんなにもらっちゃっていいのかという感覚に苛まれている。

まだ学生の感覚が消えていないんだろうな、それがいいことなのかどうかは知らない。

 

とりあえずなんというか、会社に恩を売られているような感覚だ、不安になる。

ボーナスってそういうものなのかもしれないけれど。

実際ちょろいもんでさ、あんだけうーんうーん悩んでいたってこんだけのお金もらえばこれが仮に一時的なものにせよとりあえずは辞める気なんて失せるもんな。

っていうのを、勉強が捗らない理由にでもしておきたい。

もらったボーナスに手を付けず16時まで寝て過ごす休日は最高だったよ。