Twitterサービス停止に備える。

今のうちにアウトプットの手段を確立しておけ。

復活したパソコンで書いた。

 

誰が見ているかは知らないけれど、お久しぶりです、俺だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に書いたのが大学を卒業する前にまで遡ってしまう。

 

社会人になりたて一発目の投稿はどんなものにしようかと考えていたのに、死というものは本当に突然訪れるものだと驚いた。

大学生協ご自慢の4年間ばっちりの保証が途切れたその刹那、先代PCの画面はとてもカラフルな砂嵐に包まれたのであった。

 

 

 

 

 

すぐにでも新しいものを買えればよかったのだろうが、調子に乗って新しいスーツやら気に入った家具やらをドンドコ買ってしまったがために親からの新生活援助も大学の時からの貯金も限界まで擦り減らしてしまっていて、PCどころではなかった。

 

こちらは2代目どころか既に同じ機種で3代目となってappleケアによる格安での同一機種の代替品をもらえるサービスの後がなくなっているiPhone6(曲がっている)、こいつのバックアップがとれないことがPCなし生活の唯一にして最大の懸念事項であったけれど、それにしたって金がなかったのと、スマホがあると本当にその点以外ほとんど何も困らないもんだからなかなか買おうという踏ん切りがつかなかった。

 

やっと買ったらやっぱりあるとどちゃくそ便利だねってことで本当にホクホクしておりますです。

 

せっかく買ってもすることなんざ動画と音楽とブログだけなんだけれどもさ。

大学の時よりも生産性のない使い方をしているのが本当にもったいないので、MOSの勉強でもしようかと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くだらないことにしかPCを使っていないのがもったいないという話、仕事のことにもつながってくる。

 

端的に言うなら、今の仕事は本当にPCを使わない。

そういう仕事だとわかったうえで、且つ納得して選んだのだけれど、どうにもこのへんがストレスの原因となっている。

 

別に今の仕事が嫌いというわけではないし、ここまで健康で頭もそんなに使わず基本的にストレスフリーでできているのはこの仕事だからこそだと思うし、仕事以外の福利うんたらも実際ありがたいほどに充実している。

読み通りだったし、これはこれである面では俺の性にぴったりと合っている。

 

しかしどうしてだろう、全然抑え込めるだろうと思っていたはずなのに、収支でいえば問題なくプラスになっているはずなのに、パソコンカタカタしたい、授業作ったり資料作ったりしたいっていう欲が消えないで、二郎食べたい欲のように俺の頭と体を蝕んでいくのが本当によくわかって正直しんどい。

 

俺、なんでこんな完全に””作業””って感じの仕事してるんだろうなあ。

 

お役所仕事とか、あと他のどんな仕事だって、それこそパーソナリティが重要になる仕事以外なら絶対避けられない””作業””感はあるはずなんだろうけれど。

 

いや、こう書いてはいるけれど正直自分でもわかっている、頭より体が動いている仕事だからなんだろうなって。

こいつがコンプレックスになって、俺に今の仕事への自信とか誇りとかを持たせようとしない。

 

職業に貴賤なんてものはないって理屈ではわかっているつもりなのだけれど、感情がどうにもそれに追い付いていない、というか、他人に関してはそれが適用できるのに、自分の仕事のこととなるとそれができない、自分だけが例外になっている。

 

思っている以上に自分は貪欲だったのかもしれないし、知っていた以上に変なプライドは高かった。

 

 

授業が作りたいね、あーあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久々に、しかも深夜に書いてみると案の定文章になっていない。

 

そのうちこの記事は消そうかと思うくらい。

 

少しずつリハビリしていきます。

 

あと、テンキーのあるキーボードに慣れたい。

ユーザ辞書も一からまた作り直していかないと。