読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterサービス停止に備える。

今のうちにアウトプットの手段を確立しておけ。

外が暖かくなるのを待ちながら書いた。

とりとめのないこと

 

最近夜中に学校に残っていることが多かった。

なぜかは定かでないけれど、夜の学校はいるだけで楽しい。

 

比例して、付き合いで煙草を吸う機会も多かった。

それと関係しているのかは定かでないけれど、ここ最近はほんの少しばかり幸福度が高い。

 

人と話している時間と、多少なりとも頭を使う時間が多かったことが何よりの要因だとは思うけれど、それだけではないと思っている。

吸う理由ができて、あまりよくはないと自覚していることを堂々とできるのが嬉しいのだろう。

まああとはやっぱりうまいから、少なくとも酒よりは。

 

煙草に関連して、最近初めてハルキムラカミの小説を読んだせいでもあると思う。

このおかげで煙草の持つ幸福度ブチ上げ力が何割か増しているはず。

数値化できたとしたらそのグラフが地に埋もれそうなほどには感受性と読解力が低いから、文の中身の半分も理解できていないのだろうけど、最近読んだそれの雰囲気を、ハルキストなる人種を生むのもなんとなくわかる程度には楽しんだ。

そこに出てくる人物みんなよく煙草を吸うので、その影響を受けて、さらにそれに浸っているから、ブチ上げ力が割増しで働いているのだと思う。

 

スタバでMacを開きながらイメージを消費している人種を、俺はいつもどこか醒めた目で見ていたつもりだったのだけれど、今の俺は間違いなくそっち側にいる。

煙草よりも臭いな、と、自嘲気味に笑っている、と、真顔で打ち込んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、時間の使い方がわからずにいる。

 

元々の性分を考えると、この時期にはもう引っ越しに備えて荷物をまとめ始めたりしておきたいのだけれど、如何せん配属が決まっていないもので。

この状態だと引っ越し料金さえ満足に調べられないということを知って驚いた。

当然役場に行ってすることもない。

となるとやれることは荷物の整理になるのだけれど、この分だと引っ越しが2ヶ月は先になりそうで、そうなるとさすがに今から部屋をまっさらにし始めるなんて真似はできない。

QOLだけはぎりぎりまで高水準に保っておきたい。

 

きっと、卒業旅行だとか、会いたい人間に会うだとか、時間がないとできないことをすべきなのだろうけど、時間と金は、我々の世代に馴染み深い言葉で言うならニコイチらしく、もう少し前のそれで言うならマブダチらしい。

ゆえにセットで消費しないといけないらしく、それを鑑みると、俺の人望では今できることが限られる。

 

別に俺個人としてはただ話しているだけでもいいのだけれど、それだけのために呼べる人をわんさか抱え得ている人は、この世にどのくらいいるのだろう。

そう考えるとどうしたって飲み会なり遊びなりの口実が必要で、それらには多少なりとも金がかかる。

 

俺はお金さんのことを愛しているのだけれど、きっとそれは都合のいい存在としてで、結局いつも最後はお金さんを踏み台にして、俺はその時惹かれた別の存在に出会う。

それをお金さんサイドは俺以上によくわかっているのだろう、なかなか俺に寄り付いてはくれない。

俺にはハルキムラカミみたいな、当然のように女を吸い寄せる―あと当然のように寝る―力はないので、それでも寄ってきてくれるということはないのだろう。

 

何事も歩み寄りが大切、バイトをするか、自分から声をかけるかしろ。

 

まあでも今すぐにはできそうもない―そのためのエネルギーが湧かない―ので、この間アクティブな友人に教わった、””動いた結果の妄想””を試してみる。

 

これはこれで体力が要るな、と思う。

 

結局、まず惰性に近い感覚で、騙されたと思って、目的もなく動いてみるのがいいんだろうな、と思ったので、仕方なく2つほどバイトの予定を入れた。

この後は外出もしてみようと思う。

 

ちょうど関東に行ったときに付き合いがてら買った煙草も残っているので、本と一緒に持っていこう。

カフェにでも入ってこいつらをセットでキメたら、ブチ上げ力はもっと増しそうだ。

 

さて、とりあえず、今日は埋まった。