読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterサービス停止に備える。

今のうちにアウトプットの手段を確立しておけ。

卒論を始末したので書いた。

 

飽きたわけでも忘れていたわけでもないが、これまでで最長のブランクを置いての更新になる。

 

本来このくらいの頻度でも多いくらいなのかもしれないが、いくら思いつくままにだらだらと垂れ流しただけの内容だったとしてもそのために使っている頭もあるはずだと期待しているので、できることならばそれを継続して使うためにも更新はそれなりにしていたい。

更新が目的になったら最後だとは思うのだけれど、それでもさ。

あれだけ得意だった世界史も、センター試験の問題をチラ見しても頭上どころか顔面までクエスチョンマークまみれになる程にはその力が衰えてしまうのだから、これに関しても続けないとあっという間にそうなると思うので。

 

それでもこれくらいのブランクが空いたのは、卒業論文に時間を取られていたからだ。

 

年末に目を背けていた分をここ数日で一気に進めた。

センター試験で大学に入れないので提出こそまだなのだけれど、PDF化も済んで印刷時のずれももはや怖くない、印刷して提出するのを待つだけの状態までこぎつけた。

けっこう頑張ったつもりだったものだから、これ文庫くらいには文字数あるんじゃないか、と思って文庫本の文字数を検索したら12万文字程度とのことだったので、賢者モードよろしく一瞬で現実に戻ってきて己の思い上がりを恥じた。

出版社や作家の方々が数多存在しそうな南西の方を向いて、文字通り土の下に届く勢いで、座ったまま頭を地べたに擦り付けた。

床には、ちょっと大きめのコンビニスイーツくらいの大きさの窪みが残った。

 

それでもなお、綿矢りさの短めの作品くらいには文字数あるんじゃないかと思っている節がある。

当然綿矢さんの作品の文字数は知らない。

ただ、この間初めて読んだけれど、あれだけさっと読めてしまうんだものきっとそれくらいの、なあ、ねえ。

失礼に当たるのは明白なので、この辺でやめておく。

親バカとはこういう感情なのだろうか。

問題は文字数ではなく完成度だと言うのに。

無駄に増えたそれに対して愛着さえ湧いてきているのだからタチが悪い。

 

ここ数日それしかしていなかったものだから取り立てて書くこともない。

働き出したら毎度毎度同じことで悩むのだろうか、あまり考えたくない。

趣味ができなくなるほどに忙しくなったら疲れたりしたら、働き方や勤め先に問題があると最近聞いた。

せっかくならそういうリトマス試験紙的な役割をこいつに持たせられる程度までは延命したいのだが。

これはまだセーフ、更新自体の目的化に半歩ほど突っ込んでいるように見えるが実はそうではない。

 

昼夜も逆転しっぱなしで、空腹も重なって、頭がぼうっとしている。

今回はここらへんで切っておこうか。

そうでもしないと、このアホほどテンポが悪くて読みにくい文章を連ね続けて、さらにはこのクソほどぼやけた頭で第二の綿矢さんを生んでしまいそう。

改めて綿矢さんごめんなさい、と、南西の方を向いて、文字通り土の下に届く勢いで、座ったまま頭を地べたに擦り付けた。

 

床に残っていたちょっと大きめのコンビニスイーツくらいの大きさの窪みに、頭がフィットする。

そういえば引っ越しの時にアパートの点検があるなと思い出し、窪みは見なかったことにしながら、引っ越しの準備について俺は調べ始める。