読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterサービス停止に備える。

今のうちにアウトプットの手段を確立しておけ。

卒論が進まないので書いた。

そういうこと

 

書いている人は失言に事欠かないことに定評があるのだけれど、生憎そうだと思ってそう言い放つほどいい性格はしていないし、皮肉を言えるほど頭がいいわけでもない。

むしろ咄嗟に、そういうウィットに富んだフレーズを発射できるようになれればきっといざという時に役に立つのかもしれない、そうなれればな、とさえ思う。

 

使い方を誤れば図らずも人を不機嫌にしてしまう点で、言葉って本当に難しいものだとはよく言われるし、さすがは可能性の化け物、そういう表され方をされるのもよくわかる。

 

 

 

 

 

 

 

その言い方どうなの、というフレーズというか意見というか、まあ、とりあえずそれをよく見る。

 

大抵の場合、多分そこまで気にする必要のないんじゃないのと思えるようなことに対して。

 

そして同じように大抵の場合、それを言っているのは第三者だ。

 

 

 

 

 

 

 

上述した通り可能性の化け物を扱っているわけなのだから、その可能性はそりゃああるだろうが、反対に全くない場合を教えていただければいいなと思う。

それがあるなら多分誰も苦労せず生きられているのだろうけど、そうではないということから多分世の中のそれは全部グレーだ。

大抵の場合は、図らずにそうなっているグレー。

 

 

書いている人の価値判断には多くの場合減点法が採用されている。

楽しそうだが、疲れる、金がかかる、ストレスが溜まる。

そう思ってやめておく。

文字に起こすと、なんだかこれに対して無限に臭い台詞を並べて批判をされそうな感じがしてくるのだが、それだけに明白なのは、多分どちらかと言えば損をしがちな、できることなら避けるべき、それぞれに最上のパフォーマンスが保障されているなら他を選ぶべき生き方なんだろうなということだ。

しかし残念ながら、書いている人はもう長いこと減点法を採用したままだ。

多くの事象は、書いている人にとって黒く映りがちである。

 

 

黒と受け取られる可能性があるからグレーは言い放つべきではない。

 

 

だが、これに限っては、多分白だと思っておく方がいい気がしているし、そうしている。

 

 

実際、黒には見えないからそのまま放つ。

例えそれがグレーだったとしても、それを黒だと思っちゃうような人だとは思っていないから放つ。

まあ、現に痛い目をみることは少なくないから、配慮や使い分けは必要かとは思うが。

 

 

必要以上を黒認定する人の意図はよくわかる。

上述した通り、書いている人は日頃様々な事象を黒認定している。

 

 

ただ、疑問を挙げるのだとすれば、放たれた言葉や放った人について、あんたはそれに少しでも濃い黒成分を感じるかい、ということ。

あとは、受け取る人がこれを黒認定しそうな人に見えるかい、ということ。

これがグレーあるいは黒なら代替可能なワードは何だい、ということ。

 

多分この最後の問いがミソだ。

 

 

 

 

 

今年の抱負というか、意識をしたい点は以下の通りだ。

 

無闇に白認定してグレーをポンポン放つのを避けるよう努めるという前提のもと、なるべくなら白だと思って言葉を放ちたい。

次に、人が白だと思って放ったものは白だと受け取りたい。

自分に向けられたものにも、他者が他者に向けるものに対しても、黒の可能性をちらつかせないようにしたい。

 

多分その方がお互いに楽だろ、とは思うのだけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカって言う人がバカなんです――――――!!!!!!

 

と宣っていた小学生時代から、俺の思考は根本的に進化していないのかもしれない。

 

それでも残念ながら今年から社会人だ。

 

強く生きよう。

 

ラムコークが香る電子煙草の煙をくゆらせながら、お子様はふんわりとそう誓う。

 

 

 

今年も終わるので最後にひとつと書いた。

とりとめのないこと

 

実家に帰ってきている。

北海道の端っこという表現がぴたりと当てはまるクソ田舎。

お隣さんは1キロ先にある。

夕方には仕事柄家に人がいなくなるため、帰省中の俺は取り残され、家はカラオケボックスと化す。

そんなところに帰ってきている。

悪くはない。

 

 

 

 

 

帰省の直前は、冷蔵庫に残った食材を殲滅することに躍起になったものだ。

 

生鮮食品はこういう時に困る。

直前くらいは好きなものを食べて出発したいのだが、今回は残念ながら出発の2日前までの殲滅に失敗してしまったため、出発直前の朝食として、親子丼の具だけを―米を炊くのは面倒だったうえに処理ができない―ので食べるということになってしまった。

どう考えてもそうめんの気分だったのだけれど、生鮮食品であるというだけで食べるタイミングを強制させられた結果としての哀しい朝食であった。

湧いていたのがそうめん欲ではなくそば欲であったのなら、親子そばにできたかもしれなかったのに。

まあそれでも、おいしかったはおいしかったのだけれど。

 

 

 

 

 

 

こういう哀しい朝食を避けるために、帰省の2日前には大抵冷蔵庫の中の生鮮食品の殲滅を終えて、最悪その時消費しなくてもよい冷凍のラーメンなどをストックしておく。

たくさんストックしておいて、なるべく出発の時の気分に合ったものを食してウキウキしながら家を出るのだ。

しかも帰ってきてからもストックがあるので助かる、画期的としか言いようがない。

 

最近の冷凍食品はおいしくて、食べる度に驚かされるとんでもない完成度だ。

そのうえ、当たり前なのだけど、レンジでチンするだけなので楽だ。

 

 

 

 

 

と、これもまた当たり前のように、俺は「チンする」という表現を使う。

 

 

 

 

 

俺の生活空間は、最近であればアパートと、研究室と、実家だ。

いずれの場所にもレンジがある。

しかし、そのどれも「チン」などという音は発しない。

 

しかし、彼らは帰省前の俺が生鮮食品の殲滅を行うことを強いられていること以上の圧力で、自分達の動作をその音に問わず「チンする」という表現で統一されてしまっている。

彼らが一体何をしようが、それは全て「チン」しているというだけでしかない。

本当は、あたためも解凍もしているはずなのに。

 

 

 

 

チンすることを強いられた日本のレンジ達へと思いを馳せる。

なんとも言えないもの悲しさを感じ、彼らへの同情を誘われる。

 

自分の数代前の世代の放つ音がチンだったおかげで、彼らなど比にならないの様々な機能を身に付けてデザインまで洗練され、そして何より音までもスタイリッシュになった現世代の頑張りが、全て数代前の動作と同じチンという呼び方をされる。

これを人間社会に置き換えたら、もしかしたら場合によっては人権屋が何を言うかわからないというような状況なのだと思う。

そうでなくとも、自分のしている工夫や努力を「がんばってる」なんて言葉一つでまとめられたら心を痛める人種はゴマンといるのではないか。

 

せめて、温める、あっためる、と言ってあげればいいのだが。

「チン」とはなんだ、「チン」とは。

「チン」だぞ、「チン」、「チン」、「チン」とはなんだ「チン」とは。

「チン」、こんな呼び方があるか、「チン」、これはひどい

「チン」、この味も何もないどこか乱暴なそれ―――。

 

自分達がほんの数文字分を言葉として発することを面倒くさがったばかりに、「チン」などという安直な言い方をしてしまった身勝手な人間。

そう教えられたからというだけで、疑うこともなく、レンジのことも見ず、考えず。思考を止めて「チン」を使い続ける身勝手な人間。

自分達の生活の質を遥かに高め、そのボトムアップにも大きく貢献してくれている現世代レンジのことをちっとも顧みず「チン」を使い続ける身勝手な人間。

何と業の深い生き物であろうか。

 

今夜人間達は年を越す。

そして来たる2017年、信念の新たなる決意や目標をそれぞれが持って、一回り大きな人間へと成長できることを願い、それを目指していくことになる節目の日。

 

他者への理解などということは端からできるわけがない。

だがしかし、他者―それがレンジのようなモノであったとしても―に対して、憶測に過ぎないものであれ何かしらの想像力を働かせられるようでありたいとは思う。

 

 

 

 

そんなことを考えたのち、俺はレンジを使うことの何か画期的な言い回しがないかを考える。

普段何気なく使っているため、アパートやゼミ室のレンジの音の記憶はぼんやりとしている。

 

そこで牛乳を温めるついでに実家のレンジの音を確かめる。

 

 

 

 

「ピ――――」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ピー」する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこからともなく香ってくる放送禁止用語のかほり。

 

 

 

レンジもまた深い業を抱えた存在なのではないかと思う。

 

 

 

手が寂しいから書いた。

とりとめのないこと

 

最近白湯をよく飲む。

 

家にいる時には大抵何かしら飲み物を用意して過ごしているのだけれど、書いている人は世の中の人が酒をうまいと感じる器官の性能を魅惑の黒炭酸や緑炭酸をおいしく感じる性能に振り直しているので、家に常備されている飲み物はほとんどの場合そのどちらかだ。

あと淹れたお茶も好きなので、だいたいその辺でローテーションを組んでいる。

権藤みたいなやつこそいないけれど、黒炭酸のうちのCの方はそれにも劣らぬ登板回数から1番イニングを食っていて高い貢献度を誇るが、華のあるエースの投球をするのはPの方で開幕投手に選ばれるのも間違いなくこっち。

あと緑炭酸は勝ちパターンのリリーフのような位置付けで、1イニングだけであれば間違いなくこいつが黒炭酸Pをも凌ぐ圧巻の投球を見せる、いや魅せる。

しかしこいつはどうにも連続での登板では球威を落とすもんだから、ビジターのドリンクバーゲームにおいては必ず間に別の投手を挟まねばならないうえ、書いている人の贔屓球団にいるサイボーグ中継ぎのように食えるイニングに上限も存在する。

それを埋め合わせたり、敗戦処理やこれらエース級の投手陣の休養を作るのがお茶達というわけだ。

お茶達というとその語感から炎上癖を感じさせるが断じてそんなことはないし、むしろ派手さはないが仕事は確実にこなすので、その―きっと今お茶達からあなたが想像したものの―対極にいる存在といってもいい。

 

少し長くなり過ぎたが、こうした我が家軍の投手ローテーションに、最近は白湯が入ってきているという話だ。

 

書いている人はどうにも”口が寂しい”という感覚を常に持っているタイプで、常に何かしらを口に含んでいたくなってしまう。

けれども、飴を食べれば齧ってしまうし、ガムは長時間噛んでいると吐き気がしてくるので俺を前にそいつはウルトラマンよろしく3分しか力を発揮できない。

かといって食べ物では満腹になってしまうので飲み物に頼るほかないのだけれど、俺は袋菓子を開けたらそれを空にするまで際限なく食べてしまうような男なので、冷蔵庫にストックしたジュースはその量に関わらず1日と持つわけがない。

事実上無限に飲めるお茶は何度も入れるのが面倒だし、水は味がしないので正直好きじゃない。

アフリカの子ども達が云々言っている人達にこんなこと宣ったらぶん殴られそうだが。

 

そこで悪あがきの一環で飲んでみた白湯がまあまあまあクソうまくてしかも無限に飲めるもんだからはまった。

これで一番健康的なんだから文句ない。

時代は白湯、白湯はいいぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先程の口が寂しいと酒が飲めないからつながる話だけれど、代替物としては煙草というものがある。

 

 

 

成人式の時に、ヤニカスと化した友人から勉強でもらった1本が意外とうまくて、すごく印象に残った。

 

聞いた話だとはじめからうまいって思う人はなかなかいないらしかったし、所謂ヤニクラもほとんどしなかったから、俺にとって酒よりかは間違いなくその才能があったのだろう。

確かに、世の中の多くの人が臭い臭いというその匂いが付いたり自分がその匂いを発するのは好きじゃないが正直元々それそのものは嫌いじゃなかったし、今ではものによってはいい匂いだとさえ思う。

あとこれは時代錯誤かもしれないが、様になっている場合に限って吸っている姿はかっこいいとも思う。

吸うのも吸うやつもクソとは思うが、マナーさえよければ嫌悪はない。

 

悪いイメージばかり抱いているわけじゃないと自覚したこともあって、今までに何箱か買って吸ってみたが、匂いがつくことと場所や人を選ぶこと以外は―身体への影響は大前提みたいなところがあるのでこの際無視―まあ実際なかなか悪いもんじゃなかった―その2点がアホほど重たいから問題なのだけど―。

腹にはたまらないから、食欲はないが口が寂しいなんて時に重宝できた。

 

まあでも、吸うことへの抵抗は小さくなったが、付き合い、貰い煙草を除いて、もう吸ってない。

 

 

 

煙草に関してだけは、1本吸ったら満足できるし、正直2本目はいらないし連日吸いたいとも思わない。

電子煙草も、限りなく無限に近い回数を吸えるがそうはしていない。

あんまいいものだと思ってやっていないからだろうか、だからこんなふうに魅惑の炭酸達と比べて量的にちょうどいい塩梅で楽しめるのだと推察している。

 

 

 

全然関係のない話だが、最近、煙草吸う若い女の人を見ると―もちろんこの場合も様になってる場合やだめさを感じさせない、あるいは俺が感じない場合に限るのだけど―「ああ、いい。」と思う。

 

将来的に子どもを産むこととかを考えれば間違いなくやめるべきだとは思うし、こう感じさせるくらい素敵な女の人ならあまり良くない意味でギャップを感じさせられるし、砕けた言い方にするならちょっとガッカリする。

 

そのガッカリが、いいなと思うし、ちょっと期待するようになった。

「あーこの人かっこいいなー。ヤニカスかなー。」とか「あの人吸うようになったりしてたらおもしろいなー。」みたいな具合に。

 

 

 

 

ブログらしく、オチはない。

 

今までしっかりつけられていたとは思っていないが、今回は間違いない。